2019年12月9日放送のヒルナンデスでは業務用スーパーの達人、業務田スー子さんがご家庭でできる耐熱性ポリ袋をつかったお手軽調理方法を公開!

プロ袋の中に材料をいれてもむだけなので、カンタンに美味しい料理が作れちゃいます!本日のヒルナンデスではオムレツ、パスタ、はるさめスープの3品の作り方とレシピを紹介していきます。

スー子 流ポリ袋調理法

オムレツの作り方&レシピ

最近流行のポリ袋の湯煎レシピの業務スーパー版。

スー子さんのポリ袋調理法では3品同時に調理することができます。

このポリ袋の使い方として、ポリ袋の中に食材や調味料をいれて、お湯で茹でて作っていきます。

ポリ袋レシピオムレツ(一人前)

・卵   3個
・バター 1かけ
・とろけるチーズ 50g
・ほうれん草   50g
・塩、こしょう  少々


すべての食材をポリ袋の中にいれたら後は手もみをする。

イメージとしては漬物が入った袋をもむようなイメージでもんでいきます。

ポリ袋を使うメリットとして、調理をするときの洗い物を増やすことがないので無駄な水を使わなくて済みます。

光熱費の節約にもなるのでとてもいいですね!

袋の空気を抜いたら、袋をねじり袋の下のほうで結びます。

これでオムレツの下ごしらえが完了!

スー子流 業務用食品をつかったパスタのレシピ

・ペンネ   80g
・オリーブオイル 大さじ1
・水       250ml

ポリ袋にこれらの食材を入れたら後は先ほどのように袋の空気を抜いてもむだけ。

スー子流 はるさめスープのレシピ

・はるさめ   20g
・水      200ml
・だしの素   1つまみ
・しょうゆ   小さじ1
・ごま油    小さじ1
・塩、コショウ 少々

これも同じように耐熱性ポリ袋の中にいれてもむだけで下ごしらえが完了。

これで3品の下ごしらえが出きたのでここから煮ていきます。


まず鍋の底に耐熱皿か調理マットをおいてください。

そしてポリ袋の先が長いと調理するときに邪魔になったりするので袋の結び目を短くハサミなどで切ります。


後は袋を鍋にいれて弱火で煮ていきます。

パスタとはるさめは弱火で10分程度ゆでます。

オムレツは20分程度弱火でゆでていきましょう。

ゆであがった品は袋をきって、おさらに盛りつければ完成になります。

ペンネが茹であがったらお好みのパスタソースをかければ完成。

オムレツ、パスタ、はるさめスープなど3品での合計調理費が200円で作れちゃいます。

またこの日のヒルナンデスの放送では生キャラメルの作り方を、スー子さんが教えてくれました。こちらもよければお読みください。

⇒ヒルナンデスで業務田スー子生が教える生キャラメルの作り方&レシピ


スー子さん流ポリ袋の湯煎調理は1つの鍋で3品を同時に加熱することができるので、時間を短縮できますし、その分光熱費も安く抑えられるのでオススメです。

ぜひご家庭でおためしあれ!