2019年12月9日放送のヒルナンデスでは業務用スーパーの有名なお客「業務田スー子」さんが業務用スーパーで買える格安商品アレンジレシピを紹介!
今回、紹介するのは生キャラメルの作り方を公開。

生キャラメルのレシピ&作り方

コンデンスクリームを生キャラメルに変身!

コンデンスクリーム 380g(178円)

コンデンスクリームとはわかりやすくいうと「練乳」に近い味がします。コンデンスクリームを苺に食べて召し上がるのが一般的ですがスー子さんは、このコンデンスクリームをアレンジしてなんと生キャラメルを作るとのこと!

コンデンスクリームを生キャラメルに?

果たしてそんなことができるのか・・・

スー子さんいわく、みたら絶対やりたくなるとのこと!

では、スー子さんが教えてくれた生キャラメルの作り方を公開していきます。


1、まず耐熱用ポリ袋を用意します。

2、おわんに耐熱用ポリ袋をかけた後、その中にコンデンスクリームをいれます。

3、コンデンスクリームをいれたら耐熱用ポリ袋のはしをしっかり結び、結び目の先をハサミなどできります。

4、鍋底がある鍋に耐熱マットを置き、そのうえにソースがはいったポリ袋を置きます。

5、袋がかくれるくらい水を注ぎ、沸騰したら弱火で2時間煮込みます。

6、2時間後、生キャラメルのような茶色い色に変色していれば完成!

なんで生キャラメルになるの?

コンデンスクリームと生キャラメル作りでつかう生クリームと成分がほとんど同じなんです。

熱を加え続けると成分が変化して茶色い生キャラメル風になるのです。

粘り気があり濃厚で香ばしい味わいになります。

スー子さんの生キャラメルは液体ではなく半固体の生キャラメル。

見た目はピーナッツバターみたいな感じでしたね。

一番おいしい食べ方として、パンにつけて食べるのがおすすめ。

また、業務用スーパーの食材をつかったレシピはこちらの記事でも紹介しています。

⇒【バケット】業務スーパークリスマスパーティーアレンジグルメ

スー子さんおすすめ調味料

その後のヒルナンデスの放送では、
スー子さんおすすめの調味料として
「すき焼きのタレが紹介されていました。」

業務用なのでボリュームも1216gもあります!

値段は275円。

こんなに使い切れるか心配・・・という声にもスー子さんは余裕で使いきれるとこたえていました。

この好き焼き肉のたれ。

好きや焼き以外にも肉じゃがや魚の煮付け、チキンの照り焼きなどにも使えちゃいます!

すき焼きのタレには三温糖が使用されているため、まろやかでコクのある味わいがあるのが特徴。

その理由から好き焼きだけでなく、甘辛い日本食との相性がとてもいいとのこと。

なかでもお勧めなのが親子丼。

合わせ調味料一切なく、好き焼きのタレ一本でとにかく楽に作れちゃうとのこと。

参考になられた方は是非、おためしあれ。