2019年11月30日放送のサタデープラスでは豪華列車特集としてクルーズトレインが紹介されていました。

クルーズトレインとは宿泊が目的の列車のこといい、列車で各地の景色を堪能しながらお風呂やベットなどで休むことができます。別名は走る高級ホテルともいわれています。今日のサタデープラスではJR東日本クルーズトレインのサービス、トランスイート四季島2泊3日の旅の情報を公開!

トランスイート四季島2泊3日コースの内容とは?

トランスイート四季島2泊3日では17部屋全室スイートルームで店員34人まで乗車することが可能。
最も高いお部屋だと1日Þ70万円以上もするお部屋もあります。
高額にもかかわらず応募倍率は平均6倍以上もあります。

トランスイート四季島は上野駅から乗車します。

上野駅に13.5番線ホームがありますがこれは四季島が入線するときだけ扉が開くホームなんです。

豪華客船寝台列車トランスイート四季島の総工費はなんと100億円以上!

入り口はひとつしかありませんが、その理由もひとつの出入り口の側でピアノを演奏してお客様をおもてなししたいという理由から出入り口はひとつだけにあえてしたそうです。

車内にはバーカウンターがあり24時間待機しているのでいつでもソフトドリンクやカクテルが飲み放題なんです。

トランスイート四季島2泊3日コースの予定表

トランスイート四季島2泊3日コースでは上野駅を午前10時20分に出発。

車内で食事を楽しみながら「白石」や「松島」などを観光。

2日目は「青森」で下車し夕方にはおり返して「岩手」へ。

そして3日目には「鳴子温泉」をめぐり、16時40分に「上野」駅へ到着。

現在は2020年7~9月出発の申し込みが受付中です。

お部屋の中はゆったりくつろげるソファー、そして大きな窓があって景色も十分楽しめる感じでした。

睡眠の時はソファーを倒せばソファーベットができあがり。

一見、ソファーベットというと硬いイメージですがこちらの列車のベットはフカフカでしたよ。

トイレにシャワールームも完備。水圧もいいのでご心配なし。

また車内には黒い箱があり、その中に歯ブラシ、マスク、アイマスク、ヘアブラシ、ボディタオル、マウスウォッシュ、シャワーキャップ、綿棒など豊富にそろっています。もちろんこれらすべてお持ち帰りOK!

こちらのお部屋が2泊3日で50万円。

なかなか手が出しにくい金額ですね;

主に銀婚式や記念日にトランスイート四季島コースを利用されている人が多いみたいです。

さらにトランスイート四季島2泊3日ではスイートコースもあって、四季島スイート部屋では列車なのに2階立てなんです。
2階が掘りごたつ風和室で1階がベットルームでした。
2階から見下ろす景色も相当よかったです!

さらにこちらのスイートルームには檜風呂まであるんです。

ただこちらのお部屋の値段が70万円。

本当にお金に余裕がある方だけたのしめるコースでしょう。

列車には各号車に1400リットル~1600リットルの水タンクが設置されていてトータルで15トンの水が設置されているそうです。

また停車する車両センターで水を補給するので、お風呂など大量に水を使うことがおおくても大丈夫なんですね。

また先頭車両は展望室になっていて、全面窓でてきていて景色を楽しむことができますよ。

トランスイート四季島2泊3日のディナーは?

ディナーはシャンデリアがあるダイニング室で高級フレンチのフルコースを楽しめます。

料理はフランスで初めてミシュラン1つ星を獲得した中村さんが総監修した絶品フレンチコース。

実際に車内の厨房で調理をしているので、できたてのおいしさを堪能することができます。

ディナーのフレンチ料理のお皿は全部で5皿。岩手県産のほたてや秋田牛など高級食材をつかったものばかりでした。金額は高いですが記念日などに是非、ご検討してみるのもいいかもしれませんね。