2019年11月29日放送のヒルナンデスではグルメ雑誌bancy編集長の植野広生さんがオススメするおでんの名店でおでに合う絶品レシピを大紹介!

スーパーのおでんを名店の味にかえるアレンジ方法とは?

「新橋 かま田」

店主の鎌田さんはおでんのしみせで6年修行して2009年に新橋かま田をオープン。ミシュランガイド東京2020にも掲載されているお店なんです。

かま田さんでは2種類のだしをブレンド。北海道産の真昆布から8時間かけてベースとなるだしを抽出。繊細で豊かな香りが特徴の本かつお節、もう一つは甘みのある強い味が特徴のマグロ節。この2つをおなじ分量を混ぜれば名店かま田の本格だしの完成!

ただご家庭で手間ひまかけてだしをつくる作業はめんどくさい・・・

そこで上野編集長が鎌田さんにムチャブリ!


スーパーで買える「おでんパック」などのおでんの具材がはいったものを、ひと手間かけるだけでさらにおいしくなるアレンジレシピを紹介!

用意するのは

・水(200cc)
・水溶き片栗粉(適量)
・昆布だし(顆粒小さじ1)
・鶏ガラだし(顆粒小さじ1)

1、水(200cc)を鍋に入れる

2、顆粒の昆布だしと鶏ガラだしを小さじ1加え煮たてる

3、煮たっただしを市販のおでんだしに合わせる。

4、煮たったら一度火から外して水溶き片栗粉を3杯ほどいれれてとろみをつければ完成


市販のおでんのダシより塩気がなくすっきりとした味わいです。

さらに、植野さんがアレンジした市販のおでんにいれるとおいしい「特製とり団子」の作り方も公開!

特製とり団子の作り方&レシピ

用意するのは、

・鶏ひき肉(200g)
・ネギ(3分の1)
・卵黄1個
・味噌(大さじ1)
・しょうが(小さじ2)
・しょうゆ(小さじ1

1、ボウルの中にとりにく、味噌、ネギ、しょうが、しょうゆ、卵黄をいれて混ぜるだけ。

2、スプーンで一口サイズに盛ったら後はおでんだしにいれるだけ。

これを入れるだけで鶏の出汁がでるので、おでんにコクの味わいがでます。

さらにもうひとつ植野さんオススメのアレンジレシピ!

「野菜だし巾着」

1、湯通しした油揚げを半分に切って袋状にする。

2、ここにトマト、たまねぎ、シイタケなどの野菜を入れる。(お好みでベーコンなどもいれるとよい)

3、切った具材を油揚げに詰め つまようじで止めれば完成。

トマトやたまねぎ、しいたけなどの出汁がでるので、
これ一個いれるだけでだしの素のようなもの。

おでんが美味しくなる具材として梅干しや焼きネギをいれると酸味や塩味が市販のおでん特有の甘みをやわらげてくれる。

残ったおでんが万能調味料に!タルタルソースの作り方

1、たまご(1個)・こんにゃく(大さじ1)を細かく刻む

2、しばずけを細かく刻む。

3、マヨネーズ(大さじ1)と混ぜ合わせれば完成!

焼いたトーストのうえにこれをかけて、コショウをすこしふれば絶品の味に大変身!

ぜひおためしあれ。