2019年11月26日放送のたけしの家庭の医学では心臓を老けさせない新常識SPとして心臓を病から守るための方法をお伝えしていきます。

実は1日570人以上の人が心疾患を患って他界してしまっています。寒さが厳しくなる11月から志望者が増えだす傾向にあるというデーターが出ています。
年間では20万人以上のひとが心疾患でいのちを落としています。

心臓を若返えさせる運動&食生活とは?

2016年世界五大医学誌ブリティッシュメディカルジャーナルの論文にて、30歳以上の男女8万人を対象に普段の運動と心血管疾患による死亡リスクの関係を追跡調査した結果が述べられました。

ある運動をしている人は全く運動をしていない人より心臓病になる死亡リスクが大幅に下がる・・というデーターがでました。

そのある運動とは・・・・テニスです。


テニスをしている人は運動習慣がない人よりも56%くらい心臓病にかかるリスクを減らすことができるのです。


では、なぜテニスをしている人は心臓病のリスクを減らすことができるのか?


スポーツの中でもテニスは左右に急激に動いたり、時には体を急にとめたりと激しい動きが求められます。実はまだはっきりとしたメカニズムはわかっていないのですが、テニスのようにストップ&ゴーに反応する筋肉やラケットを握り続ける握力などが心臓病を予防したと考えられています。

「じゃテニスをすれば心臓病のリスクをおさえられるね・・・でもテニスなんかしたことないし激しい運動はしたくない」

そんな方でも大丈夫!

テニスをしなくても心臓を若く保つことができる方法があります。

東京都健康寿命医療センター副院長 原田教授がくわしく解説してくれました。

ある食生活をしている地域の人達(岩手県の人達)はそんなに運動をしなくても心臓を若く保てる可能性がありますとのこと。

この食生活とはいったい?


岩手県民はテニス界のレジェンドより若い心臓をもっている?

岩手県民の60~70代辺りの運動習慣がない方8名と、日本テニス界のレジェンド神和住純さん(72歳)の心臓、どちらが若いのか?たけしの家庭の医学の放送では検証をしていました。

神和住さんは今でも現役バリバリで活動されていて、心臓の若さには自信がある様子でした。

彼らに受けていただく検査は心肺運動負荷試験というもので、徐々にペダルが重くなるバイクを体力の限界まで漕ぐ・・というシンプルだが過酷な検査。このとき体の中にある酸素の量と心拍数、血圧、ペダルを漕ぐ時間、体重と年齢を計算することで心臓年齢が算出できるという検査。

実際の医療現場でもつかわれている検査をさっそくおこなう神和住さん。

神和住さんは「8分2秒間」ペダルをこぎ続けることができました。


ペダルをこぎ終えた神和住さんはとてもグッタリしていましたね。

実際の年齢は72歳ですが、心臓年齢は68歳と診断されました。

では、岩手県住みの一般の方はどうなのか?

佐々木和夫さん(74歳)ペダルを漕いだ時間10分47秒。

心臓年齢は、なんと56歳!

実年齢より約20歳も若い心臓をお持ちでした。

その他の岩手県民さんも実年齢より若い心臓年齢の結果をだした人が3人もいました。

なぜ、岩手県民の人たちの心臓年齢はこんなに若いのか?



岩手県民の方の1日に密着してみるとそこに秘密が隠されていました。

お昼ごはんは鉄瓶でお米をとぐとのこと。

さらに好き焼きコンロの上に油をしき玉ねぎ、トマトをいれて強火で炒め、最後にサバの水煮缶をいれて軽く炒めれば完成。さらにもう1品、好き焼きコンロの上にごま油をかけた後、食べやすいサイズにカットしたマイタケをいれます。


後はふっくら炊きあがったご飯を会社の皆さんと一緒に食べるだけ。

お食事の後は鉄瓶で沸かしたお茶を飲みます。

一見、普通の食生活にみえますがこの中に心臓を若くする効果があるポイントがあります。

ポイントは鉄機をつかっていること!



鉄分が心臓を若く保つことができると考えられると東京都健康寿命医学センターの原田教授はおっしゃっています。

鉄分には人間の身体を動かす大切なエネルギー源なんです。

鉄分をしっかりとると細胞内でエネルギーを作るミトコンドリアが活性化し心機能がアップします。

加齢で弱った心臓をしっかり動き若々しく保てる。

通常、鉄分は肉や魚などの食材から摂取することが多いですが、いまの日本人は慢性的に鉄分が足りていないのです。そんな大切な鉄分を岩手県の盛岡市の方たちは南部鉄器を使うことで鉄分を上手に摂取しています。

豆腐とほうれん草の味噌汁に含まれている鉄分は、1杯分の鉄分は0,78mgですが鉄鍋をつかって調理した味噌汁だと4.43mgまで鉄分を摂取することができちゃうんです。

およそ6倍の摂取量です。

フライパン 柳宗理 南部鉄ミニパン(フタナシ) 121511030059鉄鍋 南部鉄器 スキレット 日本製 佐藤商事 調理器具 調理用品 キッチン用品【D】

まとめ

心臓年齢の差は普段使っている食器によって違ってくる・・という驚きの結果でしたね。

わたしも鉄器に興味を抱いてきました。

原田教授によると患者さんから鉄分を補給したら心不全が改善したという報告もよく聞くそうです。

個人差はあると思われますが、少しでも興味がありましたら是非参考になさってみてください。