2019年11月24日放送の男子ごはんでは秋のバーベキューで使える絶品レシピを栗原心平が紹介!炊く、焼く、蒸すなど様々要素でつかえるメスティンをつかった絶品レ氏ㇷ゚を紹介!

メスティンをもっていなくてもご家庭の鍋でもつくれます。

男子ごはん メスティンをつかったBBQ料理

オイルサーディンのオムレツごはん

レシピ

米・2合
水・360cc
コンソメ(顆粒)・1袋(5g)
ペルミジャーノレッジャーノ・5g
にんにく(みじん切り)・1片分
トマト1個
ナンプラー・小さじ1
卵・3個
オイルサーディン・1缶
塩コショウ・適量

1、まずメスティンにご飯をいれます

2、水のなかに塩(小さじ2分の1)を加える

3、水の中に顆粒のコンソメを加えて混ぜます

4、油分がおおいのでオイルサーティンの油を少しきります。

5、3で混ぜたコンソメスープをごはんに入れちゃいます。

6、そしてご飯の上にオイルサーティンを載せます。

7、後は焼くだけ。強火で一気に焼きましょう。

ここでポイントがあってメスティンで米を炊くときは炊きムラをなくすためにも火の中心に炎を当てるイメージで焼きましょう。

8、ボウルに卵を3個割りいれる。

9、トマトは1.5cm角に切ります。

10、卵を溶いたら塩コショウを加える

11、ここでご飯が炊いてきたら弱火にしていきます。弱火にして15分やっていきます。

12、卵にすりおろしたパルミジャーノレッジャーノを加える。

13、にんにく、ナンプラー、トマトをボウルにくわえて混ぜ合わせます。

14、ジップロックのような袋に具材のはいった卵液をいれる。

15、そして仕上げに炊けたお米の上に卵液をのせます。

16、さらにフタをして弱火で5分加熱します。

17、フタをあけて卵がフワフワ、トマトがピンク色になっていれば完成です!


太一レシピ ホタテとキノコのアヒージョ

アヒージョのレシピ

・ホタテ貝柱(生食用)・100g(6~8個)
・エリンギ・2分の1パック
・マイタケ・2分の1パック
・ミニトマト・4個
・赤唐辛子:1本
・にんにく・1片分
・タイム:適量
・オリーブオイル・100cc
・塩、黒こしょう:適量
・イタリアンパセリ:適量

太一BBQ 「やっぱり我慢できない」

アヒージョを作るときは必ず鉄鍋(スキレット)を用意する


1、エリンギは半分に切り食べやすい大きさに裂く

2、マイタケも同じように食べやすいサイズに手で裂いていきます。

3、赤唐辛子はヘタをちぎって種を取り除く下ごしらえをしておきます。

4、スキレットにオリーブオイルをいれます。

5、にんにく、塩(小さじ4分の1)、赤唐辛子、タイムを加えて弱火で加熱します。

6、食材が色づいてきたらエリンギとマイタケを加えて中火で煮ていきます。

7、ホタテとトマトをいれます。ホタテは中身がレアくらいが丁度いい。

8、しおこしょうを振る。

9、最後にイタリアンパセリをちらせば完成!

韓国の鍋料理 プデチゲ

・ブタの切りおとしにく;100g
・水:400cc
・キムチ:150g
・チンゲン菜:50g
・にら:2本
・ボローニャソーセージ:100g
・中華麺:1束
・酒、みりん、しょうゆ:大さじ1
・韓国唐辛子:小さじ1
・鶏ガラスープの素:小さじ2分の1
・赤みそ:小さじ2

1、お水に赤みそ、鶏がらスープの素、しょうゆ、酒、みりん、韓国唐辛子をくわえ混ぜ合わせます。

2、メスティンにスープを加えて煮込みます。

3、チンゲン菜は食べやすいサイズにカット。

4、にらは3cmの長さに切っていきます。

5、ボローニャソーセージとぶた肉はたべやすいサイズにカット。

6、メスティンのなかに豚肉、キムチ、ボローニャソーセージ、チンゲン菜の順番にいれる

7、ちょっと煮込んでチンゲン菜がやわらかくなったところで中華麺をいれる。

8、にらを加えて強火で煮る。

9、最後韓国唐辛子を加えれば完成!