衝撃的だったグランメゾン東京5話の振り返り

木村拓哉主演の大人気ドラマグランメゾン東京の第6話の予想を推測!
グランメゾン東京5話ではナッツ事件の犯人が祥平(玉森裕太)だということが判明。

すでに尾花も祥平(玉森裕太)が誤ってナッツを入れたことを知っていて、あえて自分がナッツ事件の犯人です・・と周りにいっていた印象を受けました。
なぜ尾花がそこまでして祥平(玉森裕太)をかばってきたのか?
それは彼の料理の才能と情熱を感じとっていたからでしょう。

グランメゾン東京で印象に残っているシーンで尾花が祥平(玉森裕太)に「フレンチはやめるなよ」と訴えかけていたのが印象的でした。
ホテルのビュッフェのコックを辞めようとおもっていた祥平。
そのまま料理の道からも去るのかと思った尾花は祥平を止めようとしたのだとおもいました。

祥平の代わりに自ら矢表にたって誹謗中傷を受けてきた尾花。
それは彼の才能をつぶしたくないという思いと、
ナッツ事件で落ち込んでいた時に食べた祥平の料理が心の芯まで溶け込みあのときの感謝を忘れられなかったのでしょう。
人前で素直になれない尾花が泣きながら食べていましたからね。

尾花たちの前でナッツを混入したのは自分だとカミングアウトした祥平。それを許した尾花たち。
これで祥平もグランメゾン東京の一員として働くのか・・・と思っていたら、5話の最後で丹後(尾上菊之助)と一緒にでてきた黒いエプロンをつけた祥平。
いったいどうゆうこと?と頭の中がハテナマークのまま終わってしまった第5話。

グランメゾン東京第6話の予想

そして、本日第6話が流れるのですがここからは第6話の予想です。

第6話では今年度トップレストラン50を決める表彰式が行われる予定で、この表彰式に選ばれるためにグランメゾン東京や祥平がいるgakuは新メニューを開発して挑むことになりました。今回は二人とも魚料理をテーマとした食材を選びます。

さらにグランメゾン東京では新たに頼もしい助っ人が一人追加!
江藤(中村アン)がグランメゾン東京の新しい一員となり、新メニュー開発へ着々と進んでいたころ、一人自分だけ取り残された気持ちになり落ち込んでいた芹田が突然、店をやめるという・・・
表彰式まで時間がないなか、トラブルがおき果たして新メニューの開発は間に合うのか?

ここまでが第6話の見どころですね。

尾花のことだからきっと辞める・・・という芹田に対してほっとくでしょうが、倫子はオーナーという立場もあって引きとめるでしょう。
今回の5話も楽しみで仕方ありません!